So-net無料ブログ作成

税金と給付に関する、素朴な私見と疑問 [謙虚にオピニオン]

税金は公平であること、収税コストが安いこと、なるべく単純で分かりやすいこと(巧妙な脱税がしにくいということで公平にもつながりますし、収税コストの安さにもなります)の3つが大切だと思います。


それを前提に、とりあえず個人(自然人)に課される税金について、素朴な思い付きで書いてみたいと思います。


消費税については、よく逆進性が言われます。逆進性とは、低所得者に対してより負担が重くなる性質があるということです。確かに、食料品など日常必需品に対する消費は、エンゲル係数という言葉もあるように、低所得層ほどその割合が高くなるので、逆進性はあります。しかし、個人に課される税金が消費税オンリーなんてことはないのですから(後に述べる給付も含めて広い意味で税金と考えれば、たとえ消費税オンリーであったとしても)、逆進性ゆえに消費税を庶民の敵のように悪者扱いをする人は、あまりにも単細胞なオツムで発想しているとしか思えません。

ついでに言えば、消費税の逆進性を緩和するために、食料品など日常必需品に対する税率を下げようという発想も、同じ理由で、僕には賢者の発想とは思えません。


その裏返しのような単細胞なオツムから出た発想と思われることが、子ども手当だか児童手当という名前に戻すのだか、とにかく広範囲に現金を給付をするのに、高所得者は受け取れないように線を引いて制限を設けようという話です。ちょっと前の定額給付金をどうするか、という時にも似たような議論がありました。

金持ちにも貧乏人にも同額のお金を配るのはケシカランということらしいのですが、これだって、お金を配るという行為だけを、極めて視野狭窄した目で見た結果、何となく気分的にケシカランような気になっているだけです。ちょっと考えてみたら、例えば金持ちにも貧乏人にも月に10万円配ったら、どちらにとってより生活支援のインパクトが大きいかは言うまでもないでしょう。誰にでも同額のお金を配るのは、ちょうど消費税の逆進性を打ち消す効果があるということです。

だいたい定額のお金を給付するのに、所得で線を引いて制限をしたら、ボーダーラインよりちょっと上の人とちょっと下の人では、逆転現象という不公平が生じることくらい、誰でも分かります。その不公平を解消するには、ちょうど所得税の逆の計算をして、複雑で人によって給付額を変えなくてはなりません。

ですから、子ども手当だとか定額給付金だとかについては、気持ちよく単純に定額を給付するのが良いに決まっています。それでも金持ちにお金をあげたくないというなら、立派な富豪や、面倒くさがりのお金持ちが、給付を受ける手続をしないことに期待すれば十分です。


定額給付金も、子ども手当も、選挙の人気取りという下心のある政治家のやったことで、動機はどうも気に入りませんが、このような広く定額の現金給付をするということ自体は、先ほど言ったように、逆進性の逆(累進性というのでしょうか)の効果がありますし、計算自体は単純そのものですから、結構良いものだと思います。

僕個人としては、消費税を食料品でも何でも単純一律にしっかり取るようにして、その逆進性とやらは、気前の良い定額給付金を配って打ち消すようにすれば良いと思っています。


もう1つ、個人に課される税金で大きなものが所得税です。所得税については、チマチマした累進課税の税率はやめた方が良いと思います。担税力の大きい金持ちから沢山取るという考えは、そう極端でなければ認めるべきだと思いますが、税率とナントカ控除が複雑過ぎると思いますので、もっと単純にすべきと考えます。

具体的には、所得税を払っているということが一種の経済的ステイタスになるくらい、例えば年間所得額が800万円とか1000万円くらいないと、所得税を払いたくても払えないくらい、所得税の課税下限をグンと引き上げてはどうでしょうね。そして、相当高い課税下限を超えた部分について、仮に税率は一律として累進課税を設けずに所得税を課したとしても、所得税を払うのは金持ちだけ、小金持ちに比べて大金持ちは実質的な税率は相当高い、ということになります。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

あめちん

山崎元さんも定額給付については同じようなことを言ってますね。
http://diamond.jp/articles/-/13687
by あめちん (2011-08-24 18:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。