So-net無料ブログ作成
検索選択

さよなら魁皇 [ちょっと評論家気取り]

魁皇引退の報を受け、ちょっとだけ書いてみたいと思います。
このあめござブログでも過去に魁皇の記事を書いていますので。
 http://amegoza.blog.so-net.ne.jp/2010-01-12
 http://amegoza.blog.so-net.ne.jp/2008-12-24


去年の11月、ご当地九州場所で、それまで満身創痍で必死で勝越したり休場がちだった魁皇が、あわや優勝かと思わせる活躍で12番勝ちました。

その時僕は、ああ、これで千代の富士の最多勝記録を破ってから引退しても、記録に執着して無理に現役にこだわったというマイナスイメージではなく、強い魁皇のイメージが新しいうちに良い引き際になるだろうなぁと、ホッと安心したのです。

久々の大活躍をよかったなと思うだけなのが普通とは思いますが、大相撲愛好歴の長い僕がちょっと通ぶって語ってみると、そういう活躍の華やかさと引退の寂しさが常に表裏一体であるところが、大相撲の魅力なのです。

そういう意味では、先場所千秋楽に、全盛期の横綱 白鵬との最後の対戦で勝利して引退というのも、素敵なことこの上ないですね。


もうひとつ、何年か前に、朝青龍と旭鷲山が、支度部屋で一触即発つかみ合いの喧嘩寸前になった時、毅然とした強い魁皇が、静かに間に入って、すっとその場を収めたという話も大好きで、こうやって今書いていても全身がシビレる感じ。魁皇にしかできないですよね。


魁皇自身も語り尽くせないくらいだという長い土俵人生‥‥お疲れさま。さようなら魁皇。


K10043342711_1107201934_1107201936_01.jpg
(Photo: NHKオンラインより)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

cobatack

お久しぶりです。新潟県在住のcobatackです。5年前、あめござさんの横綱柏戸の記事に感化されコメントを書かせていただいた者です。覚えてられますでしょうか?僕も40歳になり、やっと地元の青年会議所を卒業することとなり余裕ができました。もう一年以上もブログも更新しておりませんし、PC自体、ほとんど開かない日々を送っておりましたが、久しぶりにアクセスさせていただいたら、直近も更新されているようでとても嬉しくなりました。実はあの記事を読んで以降、自分は柏戸のことを強く意識するようになり柏戸が大好きな力士になりました。完全にあめござさんの影響です(笑)

さて、魁皇が引退したことは、自分にとっても衝撃的でした。まず頭に浮かんだのが、千代大海が引退した時、千代大海に引導を渡したのが魁皇だったということです。千代大海は大関在位65場所で大関の座を空け渡し関脇に陥落したばかりの場所で進退がかかっておりました。その3日目の一番で魁皇は勝利し、幕内通算最高記録の808勝を達成しました。千代大海は確か、魁皇さんに敗れて引退するのなら本望だ、という主旨のことを言ったと記憶しています。まさに明暗を分けた一番でした。そしてさらに衝撃的だったのが魁皇のインタビュー拒否。向こう(千代大海)は進退をかけて土俵にあがっている。幕内最多勝利を達成したからといってたかだか場所の3日目で浮かれて大関の自分がコメントする気にならない、確かこんな理由だったと思います。この逸話で自分は魁皇の人間性が好きになりました。その魁皇が引退したのが、結果的に大関在位で千代大海に並ぶ65場所目でした。二人そろって大関在位歴代一位の記録です。自分ここに一番衝撃を受けました。魁皇は別にカド番でもないし、もう一場所大関でとれたはずだと。魁皇は長年の戦友であり、過去引導を渡した千代大海に対し敬意と友情を込めて歴代一位タイの記録を分かち合うことで潔しとしたのではないかと。最近相撲雑誌も読んでないので、このような記事を書かれた記者がいるかどうかわかりませんが、自分の中ではとても心を打つ出来事でした。もし魁皇に聞いても真実は語ってくれない気がしますが。
追:朝青龍、旭鷲山の逸話、知りませんでした。魁皇はほんとに素敵な力士ですね。
by cobatack (2011-12-25 20:19) 

あめちん

cobatackさん

あけましておめでとうございます。年末にコメントしていただいたのに、気付くのが遅くなりまして失礼いたしました。

cobatackさんが柏戸の記事にコメントしていただいたことは、よく覚えておりますよ。柏戸好きになったとは嬉しい限りです。

魁皇が千代大海を破って幕内最多勝を達成したときのインタビュー拒否は、いいですよね。千代大海の大関在位記録を超えないように引退したなんてことは無いはずだと思いますが。

また宜しくお願いいたします。
by あめちん (2012-01-13 23:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。