So-net無料ブログ作成
検索選択

貴ノ花と貴乃花 [ちょっと評論家気取り]

二所一門を事実上破門されて飛び出してまで、日本相撲協会の理事選挙に立候補した貴乃花親方が、大方の予想に反し、理事に当選。

先日、貴乃花を支持する親方6人が一門を破門になったニュースを放送するお昼のワイドショーをたまたま見たら、貴闘力の大嶽親方のインタビューが出てきました。

「親父(貴闘力の師匠でもある貴ノ花)には死ぬ前に、俺が死んでも貴乃花の面倒をみてやってくれよ、と言われたのでね」

と話しているのを聞いて、目頭が熱くなりました。
貴闘力は男気があって立派。亡くなった貴ノ花が息子を心配していた親心も切ない。

貴闘力は大鵬の娘と結婚し、大鵬道場大嶽部屋として大鵬部屋を継いでいます。思えばそれも、部屋を継がせるにあたり息子が心配で、貴闘力を協会内で息子の後見人役として見込んだ父・貴ノ花が、貴闘力が引退後も相撲協会内で安定した地位を確保できるように、二所一門の重鎮、大鵬に口をきいたんだろうなって思いました。

貴乃花当選の一方で、そのあおりをくらって落選した大島親方は、父・貴ノ花とは同世代の大関旭國で、ライバルでもあり旧くから仲の良い友人でした。息子・貴乃花は、大島親方には小さな頃から光司クン光司クンと随分可愛がってもらってたはず。恩返しのつもりで頑張らないとね。

まずは自分の部屋から関取を育てないと、いくら改革を唱えても、相撲界ではイマイチ信頼を得られないですから。

im20100201ASDH0101Z0102201013.jpg
Photo (c) NIKKEI NET

PN2009052901000135.-.-.CI0003.jpg
1981(昭和56)年、引退相撲で髷を落とした貴ノ花を見つめる家族。向かって右が貴乃花。
Photo (c) 共同通信

20080927121100.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。