So-net無料ブログ作成

結婚相手が隠れ風俗嬢でした [ちょっと評論家気取り]

衝撃的なタイトルで釣ってごめんなさい。
m(_ _)m
でも真面目な話をするので、どうか読んで下さい。

産経新聞のWebサイトで、こんな記事を見つけました。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/26231/

※記事は既に公開期間が終了して読めませんが、以下、拙文ながら読んでいただければ文脈からどんな記事だったのかはだいたい分かると思います。



「日本で英語教師経験のあるアメリカ人女性が日本の性風俗産業に興味を持ち、取材を重ねて写真集を出版した」というニュース自体には、あまり興味ありません。

前からちょっと頭の片隅に引っ掛かっていたことがあったのですが、この記事にある次の一文を読んで、また気になってしまいました。

風俗産業で働く日本の女性の印象について、「大部分の女性は1、2カ月で風俗産業を辞め、その後、秘密を明かさないまま結婚する。……」と。

さてそこで、

1)風営法があるので、少なくとも行政が把握している風俗産業の店舗数は調べればすぐ分かる。

2)そこから、現役で働いている風俗嬢の人数をかなり正確に推定することも可能。

3)現役風俗嬢の人数は、時代によってそれほど大きな増減はないと思われ、一定数と仮定することが可能。

4)記事中にある「大部分の女性は1、2ヶ月で風俗産業を辞めるという」のを、例えば「8割の風俗嬢が2ヶ月で辞めて、再び風俗嬢に戻ることはない」とすることは、それほど無理な仮定ではない。

と、以上4項目を前提にすると、日本女性の性風俗従業経験率、あえて言えば男性からみた「結婚相手あるいは恋人がかつて風俗嬢であった確率」を弾き出すことができます。あくまで計算上の推計に過ぎませんが。

僕自身は、「日本の社会(男性社会?)の安心を根底から揺るがす」と言っても大袈裟ではないような数字が出てくると予想しています。しかしちょっと恐いと言うか、「知らぬが仏」と言うか、実際に計算してみようという気は到底しないのですが…。

(リクエストにしたがい、この記事のコメント欄にある程度の計算を書きました)


nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 15

みふぁら

そうおっしゃらずに、計算してみてくださーい!
どういう数字が出るのか、見てみたいです。
ちなみに、私の周りでは0%です。
by みふぁら (2006-11-06 09:06) 

あめちん

>ちなみに、私の周りでは0%です。

みふぁらさんの周りの方々がそうであることは全くその通りだと思いますが、一般的に、経験者は結婚相手に対してだけでなく、同姓の友人にも秘密にするのではないでしょうかね。

さて、リクエストについて一度に結論まで到達するのは無理なので、まずは最初のステップ。平成17年度の警察白書(webで公開されています)を見てみました。

店舗型性風俗特殊営業としては、第1号から第3号まで(個室付浴場、店舗型ファッションヘルス、ストリップ劇場等)が、今回の話題のカウントに入ると思います。そして、それらの店舗は平成16年までの5年間で確かに数的には変化はほとんどなく、およそ2,800。

そして驚いたのが、無店舗型性風俗特殊営業の数で、5年間で4倍に急増。平成16年には21,500もあります。

1店舗あたりの従業者数を、10の何乗という大雑把なオーダーで考えて、10人と仮定して、無店舗型は小規模乱立傾向が広がっただけで従業員数の実数にはあまり変化がないと仮定して、5年前の5,000店舗で店舗あたり10人として便宜上計算します。

以上より、現役風俗嬢の人数は78,000人と推計いたします。
そのうち8割の約62,400人が2ヶ月で辞めていくとすると、1年間に374,400人の元風俗嬢が生産されているという計算になります。

今、推計をすすめるのはとりあえずここまでにしますが、たった一年間で誕生する37万人あまりの元風俗嬢の数は、全国の医者の数27万人よりもずっと多いのです。男の医師はもっと少ない。

それが何を意味しているかというと、お知り合いの中で、お医者さんを夫に持つ女性が一人くらいはいませんか? 少なくともそれよりも圧倒的に多い男性が、そんなことはつゆ知らず、元風俗嬢を妻に持っているという現実です。
by あめちん (2006-11-06 11:54) 

toto

2ヶ月で足洗って一般人に戻る人もいるでしょうが、実際は、2ヶ月で別の店に移るというパターンも結構ありますよ。店移るたびにステップアップ(ステップダウンかもw)したりとか。
by toto (2006-11-06 12:54) 

あめちん

なるほど、1つの店を辞めても、また別の店に転々と移って行く風俗嬢が多ければ、それだけ隠れ元風俗嬢の数は少なく見積もっていいことになります。

できれば自分の結婚相手は元風俗嬢であって欲しくないと願うのは、おそらく多数派の男性にとって正直なところでしょうが、そもそもそのような感情を抱くことが、許容されるべき自然の感情なのか、それとも払拭すべき差別意識なのか、という深い部分にもつながってきます。
by あめちん (2006-11-06 14:18) 

こんほぼり

いやいやいやぁ〜・・・、なかなか興味深い話しですなぁ・・・。

以前、付き合った女性が<床上手>だったのでカマかけてみましたが
素直にソ○プラ○ド勤め経験者を教えてくれました。
何故そのような事をするのか?を尋ねてみたら、
「スキー・スノーボードに沢山行く資金が欲しかった」とのこと。
根本的に<性格が良い>というか、<頼まれると、嫌と言えない>性格らしく
面接で「ヤバそうな業種だな・・・」と思ったのですが面接官の話術に負けたそうです。
(でも結局は大金が即日入り、一人相手してしまったのだから。。。100人も
一緒かな?今シーズンで辞めよう!)と、続けてしまったらしい。

まさにこのブログのネタ通りでした。

<頼まれると、嫌と言えない>性格だから、<尋ねられると、嘘は言えない>性格
っぽいので、結婚後ボロが出ないと良いですね。
「知らぬが仏」・・・、とても良い言葉ではないのでしょうか??
by こんほぼり (2006-11-06 14:32) 

NO NAME

一店舗10人は少ないかと・・・・・。

http://www.fk-caprico.com/zaiseki/index.htm
by NO NAME (2006-11-06 22:29) 

通行人

はるなさんが良いですね!
by 通行人 (2006-11-07 00:29) 

宮ぶー

というか...そんなに元風俗嬢と結婚するのが恐いなら、そいういう業界をサポートしなければいいだけ!? 買う人がいなけりゃ、売れないから、売らない。玄人さんにお金払ってしてもらうより、世の中の男がもっと魅力磨いて彼女作って、その子達とエッチすりゃあ、こんな不安はなくなるんじゃないの?
by 宮ぶー (2006-11-17 09:46) 

あめちん

>宮ぶー

僕自身は、これだけそういう業界の規模が大きい(ご指摘の通り、需要があるから供給がある)のだから、風俗嬢経験というのは、今や特別なことじゃないってことを認識したほうがいいよ、と言いたかったんですよね。

そういう恐怖や不安を抱く人は、口に入る食べ物全ての産地を特定して、人体に有害な農薬、添加物に汚染されていないことを確かめないと何も食べられず、餓死する人みたいなものかな(笑)
by あめちん (2006-11-17 14:46) 

スープ

>宮ぶー さん
残念だけど、そんな論理が通用する世界は欧米だろうとどこだろうとありえないですよ。
by スープ (2006-11-23 22:17) 

あめちん

スープさんの言葉からは、現実を間近で感じているような雰囲気が伝わってきますね。

ズバリ、スープさんは
女性ならば風俗嬢経験者、男性ならば風俗嬢と結婚しちゃった人
ですか!?
by あめちん (2006-11-24 01:24) 

あめさん

そういえば昔、「子宮、子宮と連呼しないでください!」と
女性の話題に過敏な人がいましたね(笑)

例えばキム○クみたいなルックスで、現在裕福な生活をしている男性が
若い頃、ベンツ欲しさにお金持ちのおば様のウ○コを食していた
事実が発覚しても、一緒になりたいですか?
結婚後、家計が厳しくなったら安易に稼げる方法を模索する事でしょう・・・。

べつに皆、女性を軽視する書き込みをしようとはしていないと思われます。
(=_=)
by あめさん (2006-11-24 14:40) 

ひきにーと

>1年間に374,400人

すげー、これって1年齢の女性の半数じゃないですか。
店舗を移る風俗嬢もいるでしょうけど、10店を限度と仮定しても、5%の女性は風俗嬢だって計算になっちまいますね。
首都圏で電車に乗ったら、全車両にかならず一人は風俗嬢が乗ってるって感じか(笑)
by ひきにーと (2009-02-03 14:54) 

ぼたん

私は現在ぼたんって名前で働いてますが、
なんやかんやでもぅ三年目です。
結婚したらやめる。
って思ってるんですが、
結局やめられずにずっとしそうで怖いです。。。
でもさすがに結婚したらおとなしくなるかなあ、、、、。
by ぼたん (2010-04-15 06:49) 

あめちん

ぼたんさん、コメントありがとうございます。
長い間気付かずに失礼いたしました。
by あめちん (2010-10-05 05:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。